保護者の声

保護者の声

  • 英語のスピーチを成功させるには
  • From Ai Hattori’s Mother
  • From Ai Hattori’s Mother
  • From Yua Naruse’s Mother
  • From Rene Maeda’s Mother
  • From Aiko & Seiko Ishihara’s Mother
  • いろんな方の声

アメリカンスクールの保護者の方がスクールについてお話してくれます。

英語のスピーチを成功させるには

 英語のスピーチを成功させる上で、私は3つの要素が整っていることが必要だと思っています。

 1つ目は、「英語で話したい」という気持ちがあること。これがないと、訴える力が弱くなります。
2つ目は、伝えたいことがはっきりしていて、その内容に聴衆が共感できるものであること。
3つ目は、語い力があり、発音・イントネーションが優れていること。
ともすれば3つ目に関心がいきがちですが、私は親としてずっと1つ目にウェートをおいてきました。
私は英語が話せませんし、娘は渡航経験なしで今日に至っています。
私がやってきたことを思い起こしてみますと、1才9ヶ月からお世話になり、最初はスクールに通う回数や時間数も週1回で1時間位と少なかったので、まず授業でやったぬり絵やクラフトを見せて、スクールへ通うことを楽しみにさせました。車の中では、いつも
スクールの歌のCDをかけ、私自身もいっしょに覚えました。


<中略>

 

 2つ目の「伝えたいこと」に関しては、意外にも「アメリカンプログラム」や「アニマルランド」が役に立ちました。
特に「サイエンス」は例えば「空はなぜ青いか」を教えて頂いたり、日本の理科の教科書や教材とは全く異なる視点で教えていただき、とても興味を持てたようです。
今では、私が使えないようなパソコンを自分で使い、いろいろ調べ、それがスピーチの内容となっています。
3つ目の「語い力・発音・イントネーション」については、アメリカンスクールに長く通っていれば、自然と身につき、当日までの練習のみとなります。
英検等、時々「壁」を感じることもありましたが、その都度先生方に御相談し、スクールと、本人の「英語が好き」という気持ちを信じてあせらないことにしました。
学年が進み、大きな大会になればなるほど、「ネイティブの先生に教えて頂いてよかった」と思います。
英語を「語学」として日本人の先生にならっている子とではやはり違ってくるのです。
まだまだ成長過程ですので、これから先はわかりません。
私の経験が皆様の何かの御参考になれば幸いです。
〔2011.10.23(日)A.I.E.S.のスピーチコンテストにてスピーチの一部〕
服部 愛の母
裕美子

From Ai Hattori’s Mother

ai優秀賞 服部 愛ちゃん

愛ちゃんのスピーチはEventのSpeech Contestのところでご覧頂けます。
ここをクリックして。

Q.服部様に優秀賞に輝かれた感想をお聞きしました。

この度、第19回ちびっ子イングリッシュコンテスト、暗唱規定(幼・小1・2年の部)で娘(愛)が優秀賞を頂くことができましたのは、ひとえにアメリカンスクールの先生の御指導のおかげと感謝しております。

娘は、決して恵まれた環境にいるのではなく(我が家では誰も英会話ができず、本人の渡航経験もなく、高価な教材も与えられませんでした)、ただ小さい時からアメリカンスクールと英語が大好きで、スクールを第2の家庭のように育ってきただけです。

このコンテストには、一次審査があり、今回は406名(組)中、110組が通過しました。

娘は3才の時にも(チャンツの部で)一次審査が通り、京都放送会館へ行くことができたのですが、それ以降、毎年応募しても通過できませんでした。私の亡き両親がこの出場を楽しみにしていたという特別な事情があり、「何とか一次だけは通過したい」という思いで5年過ぎました。

今年も2つの部門(スピーチ・暗唱規定)に応募し、暗唱規定だけ通過できました。

今回の暗唱規定は“Thomas’ Train”で、Miss Rojoに吹き込んで頂いたCDを聴いていた他は、全てスクールにお任せで、録音もお願いしました(手伝おうにも私には英語力がありませんので)。

当日は、講評にもあった通り年々レベルアップし、5年前より更に流暢な英語を話す子が多く、内容を全て理解できない私は感心するばかりでした。

全国から集まってきた子供達のスピーチや落語等を聴くことや、4~500名もの聴衆の前で発表することは滅多にない機会で、娘には良い刺激になったと思います。

コンテストの参加条件は小学生までなので、娘はまた次回もチャレンジすることと思います。どうぞ今後共よろしくお願いいたします。

何かの御参考になれば幸いです。

 

平成21年3月28日

服部 愛の母

服部 裕美子

 

 

From Ai Hattori’s Mother
英検2級合格

 日本人が、自然に日本語を話して生活しているように、娘は小さい時からアメリカンスクールに通っているだけで、ごく自然に、そして何より楽しみながら、英語を身に付けていきました。

帰国子女でなく、家族も英会話ができず、高額な教材も与えられず、今に至っても渡航経験すらありません。

さらに、例えば「一日に単語を○個覚える」というような勉強もせずに、です。

英検も級が進んでくると、正直、親としては家で単語を覚えるように勧めた方がよいのでは?と思うこともありましたが、せっかく本人が楽しんでいるのだから、このままでいいのかな?とそのままにしています。

まるで、化粧品のCMのようで申し訳ありませんが、本当にアメリカンスクールだけでここまできました。正に「継続は力なり」です。

平成22年4月21日

服部 愛(9才)の母

服部 裕美子

 

 

From Yua Naruse’s Mother

yuanaruseYua Naruse

年少の夏休みに暇にまかせてサマースクールに参加したのがきっかけで通い始めました。初日は正にシャワーのように降り注ぐ英語に圧倒されて泣き通しでしたが、帰宅後、英語ばかりを口にしていたので刺激の大きさに驚きでした。自宅から遠方なので50分×2/週1通うのが限度ですが、フレンドリーなネイティブの先生のお陰もあり「勉強」という意識ではなく楽しみながら英語を自然と吸収しているようです。100%英語の環境や年令制ではなくレベル毎のクラス分けも英語力向上につながっていると思います。

1年でJAPEC1級、STEP5級までクリア出来るとは全然思ってもいませんでした。

 From Rene Maeda’s Mother

reneRene Maeda

娘が二歳の時から他のプリスクールに通わせていましたが、なかなか文章を読む力がつかず、伸び悩みを感じていた頃、アメリカンスクールに出会いました。お世話になって一年半、毎日楽しくスクールに通う中で、いつの間にかしっかりと英語力が身につき、英検準2級に合格できるほどまでに成長しました。驚きとともに、とても嬉しく思います。本人も自身がつき、次の英検チャレンジに意欲的です。これからも楽しく英語を学び、国際的視野を養ってほしいと願います。

From Aiko & Seiko Ishihara’s Mother

aikoseikoAiko & Seiko Ishihara

 2歳からアメリカンスクールでお世話になりました。当時は親子で参加させていただいていました。
 
バイリンガルになり子どもだけのレッスンになり、どれくらい理解できているのか?ちゃんと英語で返事しているだろうか・・・?
 
と親も半信半疑でした。
 
そんな時、どれくらい理解できているのかと児童英検の問題集をやらせてみました。名詞くらいしか理解できてないと思っていたのですが、動詞も理解できているようでした。名詞(ball)から動詞+名詞(kicking a ball)の成長を知り主人と感動しました。
 
生まれて初めての試験が合格で大変嬉しいです。

 

いろんな方の声

  5歳で英検3級合格

「プリスクールにお世話になった頃は、アルファベットも書けない状態だったのが、

文字が書け、簡単な単語から簡単な文章が書けるくらい進歩をしました。

今年から取り入れてくださった100冊readingの本から様々な言葉の読解を確実な

ものにしているようです。(本人が“ヨクわかる“と言います。又わからない単語を知ろうとします。)文章もいつの間に読めるようになったのか、親のほうが驚いている次第です。」

          - プリスクール卒業生のY.H.ちゃんのお母さんより

 

  5歳で英検5級合格

「今まで私でも手にもしなかった難しいと思うような本を読んでいたので、驚いたのと

どんどん力がついてきていると感じました。

発話でも、もごもごと自信がなくごまかしていたような感じがなくなったような気がします。」

          - プリスクール卒業生のR.M.君のお母さんより

 

 

「アメリカンスクールに通い始めて、全く英語に興味のない子供達でしたが、先生のあたたかい御指導のもと毎週楽しく学ぶ事ができています。レッスン中でのゲームに意欲的に参加するにつれて少しずつですが、単語を読んだり話すことができるようになりました。
これからも英語に親しみ、楽しみながら学んでいけたらいいなと思っています。」
– イングリッシュシャワーのYui & Keiichiroのお母さんより

 

「発音が良くなった気がします。抵抗なく英語の音楽やビデオを見たりして家でも話したりしています。」
– 1 Day プリスクールのN.ちゃんのお母さんより

 

「一年前は、形や色、数字などしか言えなかったけれど、月日が経つにつれて英語を話す数が増えて嬉しく思います。歌を歌う事が好きで、英語の歌をよく歌うようになり、その事によって単語も覚えるようになりました。」
– 1 Day プリスクールのK.ちゃんのお母さんより

 

「短い文章、お歌を家で歌ってくれます。下の子(1才)に絵本を読んでくれています。」
– プリスクールのArumaくんのお母さんより

 

「英語で質問すると、英語で返ってくるところが嬉しい。アルファベットが読めるようになり、フォニックス読みもできるようになってきた。」
– 1 Day プリスクールのKiharuちゃんのお母さんより

 

「溢れるほどしゃべっている。(正しいかどうかは分からないけれど)集団の楽しさや違いをわかるようになって、しかも楽しそうだ。」
– 1 Day プリスクールのKokoちゃんのお母さんより

 

「日常生活で普通に英語で言葉が出た時はとても嬉しかったです。色や動物などの単語だけですが・・・
ホテルで外国からの旅行者の方に両親が話しかけられず無言でいたのに、息子だけ挨拶していました。ちょっとした事ですが、とても嬉しかったエピソードです。」
– 1 Day プリスクールのYuuichiくんのお母さんより

 

「友達のママに、センテンスでしていたよといわれた事が進歩したかなぁと思います。」
– 1 Day プリスクールのKanameちゃんのお母さんより

 

「このスクールに通うまでは英語に関して全くの白紙でした。ですから今出来るすべての英語に関することは、こちらで身につけたものです。アルファベット・文字の読み書き、歌、すべてです。また、現在英検の過去問題を少しやりはじめていますが、4歳にしてそれなりの点を取れる程の力を序々につけてきた事、改めて感動しました。」

          - プリスクール卒業生のS.K.君のお母さんより

 

「外国人を見ても動かせず、声をかける事ができる。日本語で、「大丈夫?」と聞いたら、英語でAre you OK?と逆に笑いながら言いかえしてくれるなど、理解できている様子です。」

– Y.I.くんのお母さんより